メイン | 大手損保減収? »

車と環境について

今、日本でも海外でも車の排気ガスによる空気汚染が深刻だ。
特に、目覚しい発展を遂げている中国では、マスクをして街を歩くとそのマスクが真っ黒になるほど空気が汚れているのだという。
それを聞くと恐ろしい話だが、普段何気なくすっている空気もそんな風に汚れているのかと思うと排気ガスや空気汚染について真面目に考えてみる気になる。
環境にも運動にもよいので最近は車ではなく、自転車通勤や電車通勤が増えているのだという。
また自動車メーカーも環境にやさしい車をいろいろと開発している。
今注目を集めているのは、環境に良い電気自動車やハイブリッドカーだ。ホンダやトヨタといった自動車メーカーが開発を進めている。
ハイブリッドカーとは、エンジンだけでなく、モーターを使用して走る車で、エンジンとモーターという原理が違うものを組み合わせた車です。そのときの状況に応じてエンジンのみ、モーターのみ、二つ両方と変えながら走ります。
ハイブリッドカーの長所は、燃費が良く、お金がかからない点と、よく走ってくれる、環境に優しいの3つです。使うガソリンが少ないので、二酸化炭素の量が減り、空気汚染に良いのです。またガソリン代が高い今、消費するガソリンが少ないのはお財布に優しいのでうれしいです。
今ある車売却して、環境に優しい車を購入したいものですね。
次世代の車を担う電気自動車、ハイブリッドカーはぜひ注目しておきましょう。